社内不倫の相手から脅迫された!?

男女トラブル相談【電話・メール無料相談】


 会社の女の子と不倫していたが、相手が本気になってだんだん面倒になってきた。そろそろ別れたいと思い別れを切り出したら相手が半狂乱になって奥さんにバラス、会社にバラスと言いだした・・・・・・何度もなだめたが、最近では、あなただけ家庭に戻って幸せになるなんて許せない、あなたの人生をめちゃくちゃにしてやるなどと言うようになり恐怖感を感じます。とても話し合いができる状態でもなく本当に困っています。どうしたらよいでしょうか。――

 よくある相談です。社内不倫の別れのトラブルは、解決金(手切れ金)を払って示談書を作成してしまうのがひとつの方法ですが、相手が脅迫的なスタンスでくる場合は、解決金(手切れ金)支払いの申し入れをしつつ、一方で暴露行為が名誉毀損罪などになることをけん制をしておきます。こういうやり取りは、できるだけメールに残すようにしておいたほうが、あとで役に立ちます。

 これで相手が手切れ金に乗ってくれば、冷静に話し合うことができるはずです。そして、合意が成立したら示談書を作成する運びになります。その際、、暴露行為などの紛争防止条項を示談書に盛り込みます。書類手続きだけでも、できれば士業をいれたほうがいいでしょう。

 しかし、相手がこの程度ではびくともせず脅迫がエスカレートし復讐心をあらわにするような局面ではどうしたらよいでしょうか。

 そういう相手にはやむをえませんので、やむをえずストレートに警告しなければいけません。具体的には内容証明郵便で通知し、今後、脅迫や暴露行為などがあった場合はストーカー規制法違反行為になる旨を明記します。ここまできたらいささかも躊躇してはいけません。表現はきついですが、この段階でははっきり警告したほうが効果があります。そこまでしても相手が脅迫をする場合は、今度は警察で警告の手続きをするしかありませんが、そこまでいってしまった場合は社内不倫の場合は、職場でのしこりが残るという問題があります。ただ、正常な人間なら、ふつうは最初の内容証明郵便を送った段階で理性を取り戻し、別れを受け入れるものです。

 なお、妊娠中絶などの問題が過去にある場合は、弁護士をいれて示談交渉したほうがいいケースが多くなります。

不倫相手からの脅迫をもっと見る



メニュー

サイト情報

当事務所運営サイト
不倫慰謝料[無料相談]
無料法律相談[電話・メール]

男女トラブル相談 〜電話・メール無料相談≪土日・夜間可≫について

ページの先頭へ
トップへ
友達に教える


(C)男女トラブル相談 〜電話・メール無料相談≪土日・夜間可≫