婚約はどういう場合に成立するの?

男女トラブル相談【電話・メール無料相談】


 よく、口約束だから婚約は成立しないなどと言いあうケースがあります。まるで口約束は守らなくてもいいというようにも聞こえますが、道義的にはおかしい言い分でしょう。しかし、法律上ではどうなるのでしょうか。口頭だけの婚約は法律上、婚約として認められないのでしょうか。

 結論から言えば、婚約は口頭でも成立します。判例は、男女二人の間で将来夫婦として共同生活を営む意思で婚姻を約束すれば足り、長期間にわたって肉体関係を継続したような場合には双方の婚姻の意思は明白であって、たとえその間、当事者が関係を親、兄弟にうちあわせておらず、また結納を交付しておらず、同棲しなかったとしても婚約は成立するとしています。つまり、二人が誠心誠意もって真剣に将来を誓い合ったならば、婚約は成立します。

 そもそも婚約したからといって契約書を作るカップルはいません。ただ、結納や式場の予約など形に残る証拠がないと、あとで言った言わないの水掛け論になりやすいということはあります。




メニュー

サイト情報

当事務所運営サイト
不倫慰謝料[無料相談]
無料法律相談[電話・メール]

男女トラブル相談 〜電話・メール無料相談≪土日・夜間可≫について

ページの先頭へ
トップへ
友達に教える


(C)男女トラブル相談 〜電話・メール無料相談≪土日・夜間可≫